先日、岡本太郎記念館に行ってきました。

太郎さんと言えば自分の作品は販売しないってことを徹底してた方、という印象だったんですが、現在の企画展において初めて挿絵などの「お金のための仕事」をしていた事を知りました。

「稼ぎは二の次?岡本太郎さんの価値基準と収入源」の続きを読む…